Archives

All posts for the month 9月, 2016

えー、来年のためにインカレの決勝戦を下見してきました。

8時前に横須賀線 逗子駅の東口の改札前に4人集合して、バス乗り場は3番 逗12 葉山((海岸回り)鐙摺・森戸海岸)行きのバスに乗り森戸海岸で下車。

砂浜からヨットを出艇させているのは新鮮で滅茶苦茶大変そうって感じでした。
また、決勝ですが、完沈対策の黒球をつけている大学がいました。
img_4099
img_4095

陸上本部
p9250621

掲示板
p9250622

あと法政大学の応援団の凄さよ。。。学ランで海に入水していくって何ぞ?w
2016092520160925_1

って事で葉山 旭屋のコロッケを買って、森戸海岸から江の島へ移動して午後から練習しました。
練習は自分がスキッパーで星野と新井で交代してひたすら走って、適当にジャイブしたり1年にタックの掛け声を決めてもらって、クルーの仕事を任せてみました。
p9250632
img_4111_s
img_4117_s

それから救命ボートの船外機の塩抜きの新しいやり方です。
img_4119-2

めっちゃ楽ちんだけど水が噴射されるので注意!
img_4123-2
必要時間は30分程です。

参加者
OB 町田さん
現役
2年 高見
1年 星野 新井

PS 藤田はこの日TOEICの試験でした。
  後輩に負けるのもなんなんで僕もそろそろ勉強しますかね(笑)

今後の練習予定日

10月9日 通常練習予定
10月16日 通常練習予定
10月23日 締め(マスト倒し、ガスケット張り替え、スピンハリヤード取り換え)

練習は水温と気温と相談

午前
8時に集合して塗装の続きをしました。〔10時過ぎまでは曇りだったため〕
ゲルコートに多めに硬化材を混ぜて、湿度が高く乾きにくかったので、延長コードとドライヤーを使って無理やり乾燥。
他にも余ったゲルコートをラダーに塗ったりして、乾燥させました。

またこの日湘南工科OBの江本さんにご協力いただいて、土砂降りの中スピンのリーチのフックベルトを3箇所と3962艇のスピンバックの破損部分を付け替え直しました。

午後
13時30分に雨が止んだので、乾いた塗装の磨き作業と、3962艇のバウの下の箇所の破損部分をクロスとマッドを貼っておきました。
うまく乾燥できていれば次の整備の時に塗装しようと思います。また、春に修理したデッキの中も塗装しておこうと思います。

参加者
2年 高見
1年 藤田 星野 新井

image

image

午前

この日の出艇は

高見ー藤田(スキッパー)
➡︎新井ー藤田(スキッパー)
➡︎星野ー高見(スキッパー)
➡︎高見ー佐藤迅さん(スキッパー)

でやりました。
1年生ペアで初めてやらせてみたのですが、そこそこ良かったです。
1年藤田(スキッパー)は、多分強風と出艇以外なら1年生クルーと組ませても問題なさそうです。

image

image

image

image

image

image

image

午後

風がほとんどなかったので整備にしました。
ラダーのパテが乾燥し終わったので4枚やすりがけし、また、古いオーニングを修復させました。

image

image

【ミーティング】
今後の練習予定日と私の撮ったビデオを見返して議論。

今後の練習予定日は毎週日曜日になります。
台風の時などは前日の夜6時までには必ず判断を行う。

9月  11日 18日 25日
10月  2日 9日 16日 23日 30日

参加者
4年 佐藤 塩地
2年 高見
1年 藤田 星野 新井

本日の午前中は4120艇のポートの修理をいたしました。

手順を今から書いていきます。

まずホームセンターでクロスとマッドとFRPポリエステル繊維と樹脂硬化剤とサンダー(丸鋸はFRP用とかあるそうなのでなるべくなめらかめ)ペーパー(粗さ80)、ゲルコートホワイトを購入。
ほんとはあと一つFRPに混ぜるのがあるそうだが…

【修理方法】

とりあえず方法を書きます。

まず、サンダーで表面を削ります。
そして傷の損傷具合を確認して図のようにテープを張る。
形をなんとなく作れるように、また裏にしっかりしみこませる為にテープを張る。
テープには樹脂を余分な所につけないようにする効果もあり。
image
image

クロスをキズに合わせて切ります。
image

地面にFRPがこぼれないようにビニールをひきます。
image

前回はマッドをFRPに溶かしてから塗りましたが、親父いわくそれだと空気が多くて強度が低いそうなので、船とクロスでマッドをサンドイッチしてあげて、テープで止めてそこに硬化剤の入ったFRPをボシャボシャたらして、手にビニールをかぶせて、空気が入らないように、マッドをならしながら一定方向に伸ばしていく。

そして、半分乾いたところで傷口に沿ってカッターを入れて、余分なテープをはがします。
image

完全に乾いたら、余分な凸凹を慎重に角から順番にサンダーでとっていきます。
image

いい感じになってきたら、やすり掛けしてさらに形を整えます。
image

ここからは時間の都合上まだなのですが、刷毛でゲルコートを縫ってまたやすりで整えるそうです。

 

【今後の整備項目】

・全艇のセンターボードの艇の下のテープ(ガスケット)の張り替え。

・スピンハリヤード固定箇所(フック)の設置

・ジブセールの修理(1枚)

・4120艇のセンターボードが勝手に上がってくるのを解消

・4120艇のラダーと艇のジョイント部分の固定する棒の取り換え。

・3547艇のテンション用シートの取り換え。

・スピンシートを絡まないように船を変えていく。

 

【テンダーの水抜き】

本日、瀧さんにテンダーの水抜きをバケツでやらない方法を教えていただきました。

image

image

Participant  Father & me