Archives

All posts for the month 6月, 2017

3909艇 MC/MF 名義変更完了

艇体番号3909 の名義が中古艇を購入したときの
ままでしたので日本470協会へ申請し完了しました。

なお、計測登録証明書は廃止されており、
最新の MC/MF になりました。

参考までに、4120艇、3547艇の情報も掲載します。

 

【艇体番号:3909 】

 MC/MF:Mesurement Certificate/Mesurement Form

 ※計測登録証明書は廃止のためありません。

 ※艇名は登録する必要がなく大学側で管理。
  3909艇の艇名は「工学院丸3」とします。

 ※Date built:13,Jan,1998

◇BOAT DETAILS
——————————————–
NATIONAL LETTERS   :JPN
OFFICAL SAIL NUMBER :3909
Vaild Sail Number(s) (C.R.A.10):
Personal Sail Number (C.R.A.10.3):
ISAF PLAQUE NUMBER :30719
——————————————–

◇OWNER’S DECLARAION
——————————————–
Name : KOGAKUIN UNIVERSITY YACHT CLUB
Address : 1-24-2,NIshishinjuku,Shinjuku-ku,Tokyo,160-0023,JAPAN
Date : 9/6/2017
Signature : 工学院大学ヨット部 関谷真一
——————————————–

◇Mesurement Certificate
——————————————–
National Letters : JPN
Offical Sail Number : 3909
ISAF Plaque Number : 30719
Builder’s Name : YAMAHA MOTOR CO.,LTD
Builder Plaque Number : 0410117 ACP-G
Mould Number : 2

This certificate is dated 24,June,2017
and its validity is comfirmed by SAYA SAKAUE
for JAPAN 470 CLASS ASSOCIATION

Signature: Saya.S
——————————————–

↓ 3909艇 MC:Mesurement Certificate 表  

↓ 3909艇 MC:Mesurement Certificate 裏  

↓ 3909艇 MF:Mesurement Form(一部) 

 

【艇体番号:3547 】

※国際470級ヨット計測登録証明書(Measurement Certifuicate)
——————————————-
セール番号(Offical Sail No.) :JPN-3547
艇名(Name of Boaut) :工学院丸2
所有者名(Owner’s Name) :工学院大学I部体育会ヨット部
所属団体(Owner’s Club) :工学院大学
所有者住所(Owner’s Address) :東京都新宿区西新宿1-24-2
造船所名(Builder’s Name) :ヤマハ発動機株式会社
建造日(Date built) :1994年2月1日
計測日(Date Measurement Completed) :1994年2月5日
モールド番号(Number of hull Mould) :1
シリアル番号(Builder’s Serial No.) :0310021  ACP-G
ISAFプレート番号(ISAF Plaque No.) :29659
計測員名(Measurer’s Name) :茂沢宏
登録日(Date Registered) :1994年2月8日
——————————————–

↓ 3547艇 国際470級ヨット計測登録証明書  

↓ 3547艇 MC:Mesurement Certificate  

↓ 3547艇 MF:Mesurement Form(一部)

 

【艇体番号:4120 】

国際470級ヨット計測登録証明書(Measurement Certifuicate)
——————————————-
セール番号(Offical Sail No.) :JPN-4120
艇名(Name of Boaut) :工学院丸1
所有者名(Owner’s Name) :工学院大学I部体育会ヨット部
所属団体(Owner’s Club) :工学院大学
所有者住所(Owner’s Address) :東京都新宿区西新宿1-24-2
造船所名(Builder’s Name) :ヤマハ発動機株式会社
建造日(Date built) :2003年4月10日
計測日(Date Measurement Completed) :2003年4月14日
モールド番号(Number of hull Mould) :2
シリアル番号(Builder’s Serial No.) :1200048 ACP-G
ISAFプレート番号(ISAF Plaque No.) :31564
計測員名(Measurer’s Name) :茂沢宏
登録日(Date Registered) :2003年4月11日
——————————————-

↓ 4120艇 国際470級ヨット計測登録証明書

↓ 4120艇 MC:Mesurement Certificate

↓ 4120艇 MF:Mesurement Form(一部)

 

OB 町田

個人戦に参加することで、いくつか注意することがでてきました。
それをまとめました。

<出艇前>

朝のブリーフィングは出る!
 その日の注意事項について連絡があります。

・艤装
 セール番号は必ず確かめる!
 スピンネーカーとメインセールのセール番号を合わ
 せる。

陸上本部で出艇申告をする。 
 なお、個人戦のとき、江ノ島ヨットハーバーへの
 出着艇申告は不要!

<レース>

オフセットマークを周る!
 コースが

  「IG」 (インナーループ、ゲートあり)、
  「I」  (インナーループ、ゲートなし)

 の場合は、
 マーク1 を回航して、そのあと オフセットマーク 
 回航して マーク4 へ進む!

↓ コースが「IG」(インナーループ、ゲートあり)
  今回の個人戦で使用したコース

↓ コースが「I」(インナーループ、ゲートなし)

スタート時のブラック旗
 ブラック旗が掲揚されたときは、スタート1分前に
 なったらスタートラインから出ない。

なんとか完走する!
 艤装の何かが破損した場合、すぐにリタイアしないで
 完走できないか模索する!

<着艇後>

陸上本部で着艇申告をする。 

リタイアしたら届けを出す。
 帆走指示書を再確認!

プロテストを確認する
 着艇後、プロテストされてないか確認をする。
 陸上本部に定期的にプロテスト締切時刻まで誰か行か
 せる。
 なお、プロテストする場合は着艇したらすぐに行く!

OB 町田 

春インカレ、個人戦 打ち上げ

藤沢駅近くのお好み焼き屋で春インカレ、個人戦 打ち上げ
をしました。 お好み焼き、2時間食べ放題!!!

2年星野選手が今回の個人戦でレースに初参戦!
これで去年からがんばってきた4人、3年高見、2年藤田、
新井、星野のみんながレースを経験できました。

20年振りの春インカレに続き、6年振りの個人戦出場を
果たし、出場の仕方もわからないところから、いろいろ
準備をして、レースに出場できるところまできました。
去年の夏合宿から1年未満でよくここまできたなと。

春インカレのあとも個人戦に向けて準備や練習してきたので
個人戦が終わっていい区切りなので、打ち上げをしました。
費用はOB側持ち。ちょっとしたご褒美です!

参加者

現役
3年 高見
2年 星野、藤田、新井
1年 豊島、北嶋、藍澤、多田

OB 佐々木(勝)、町田

関東学生ヨット個人選手権大会 2日目

大会は

4120艇
スキッパー 高見、クルー 新井

で出場しました。

朝からかなり激しい雨が降っていました。
僕としては、春インカレに続いて2回目の公式戦なのであまり緊張せずにできたかなと思います。

<ノーレース>

雨が降っている中、微風でのスタート。
潮の流れが強く、上マークでレイラインに乗っても流されてしまったので、どこの艇もタックしまくりでした。
結果的にノーレースになりました。

 

<第5レース>

コース:OG(アウターループ、ゲートあり)

天気:雨
風向:210°
風速:2 m/s
スタート        :13:48:00
フィニッシュ時刻(TOP) :14:24:51
フィニッシュ時刻(LAST):14:36:33

着順:BFD (黒色旗規則違反)
順位:DNE
得点:87  (エントリ数+1)

1レース目からかなり時間が空いて、2レース目が始まりました。
というのも、風が止んだり、風向きが変わったりしたせいで、レースがなかなかできなかったからです。
2レース目の頃には風も中風くらいになっていました。

レースは完走して61位でしたが、スタートで黒色旗規則に
違反していたので失格でした。

 

<第6レース>

コース:OG(アウターループ、ゲートあり)

天気:雨
風向:210°
風速:4 m/s
スタート        :14:57:00
フィニッシュ時刻(TOP) :15:29:29
フィニッシュ時刻(LAST):15:41:44

着順:RET (リタイア)
順位:RET
得点:87  (エントリ数+1)

波も高くなり、風も強くなってきました。
アウターループの下マークから上マークへ向かうときの上マークでは沈艇がちらほらいて、僕たちも沈してしまいました。
その時にエクステンション(舵をとる棒)が外れてしまってリタイアしました。

 

【最終結果】

  結果:86位

 

<感想>

個人戦は春インカレの経験がかなり生きたなと感じました。
スタート、レース全体の雰囲気は実際にレースに出てみないとわかんないなと思いました。
そして、今回の個人戦で自分的にはコンパスの見方等、できるようになったことも多かったです。
結果としては、失格、リタイアでよいとは言えないですが、2レース経験ができたという意味では、とっても成長できた大会でした。
OBの方達が言うように、まずは経験だなあと痛感しました。
あと、今回は春インカレよりも楽しめました。
(新井)

 

<参加者>

OB  町田さん、佐々木まさのりさん、関谷先生

現役 
3年 高見
2年 新井、星野、藤田
1年 豊島、北嶋、藍澤、多田

※1年生は午前は大雨のためハーバーの屋内でロープワーク、ヨット用語などの座学をし、午後、少し雨が止んだのでレスキューで第5レースを観戦しました。

※関谷さんはフィニッシュマーク艇に乗船されていて、着艇後、レース展開などについて座学をしていただきました。

※観覧(レスキュー艇) 
 午前:佐々木さん、星野、藤田 
 午後:町田さん、佐々木さん、豊島、北嶋、藍澤、多田

投稿者 
新井

関東学生ヨット個人選手権大会 1日目

大会は

4120艇
スキッパー 高見、クルー 星野

で出場しました。

大会は全部で86艇が出場していました。

 

<開会式>

8:30 ~
開会式後、スキッパーのみ集まりがあった。
出艇申告をする。



 

<第1レース>

コース:OG(アウターループ、ゲートあり)

天気:晴れ
風向:200°
風速:2 m/s
スタート        :10:54:00
フィニッシュ時刻(TOP) :11:50:42
フィニッシュ時刻(LAST):12:08:50

着順:84
順位:84
得点:84

*スタート位置:上スタート
*スピンを出すのが遅かった
*リーチングで風がふれ、上りきれなかった

 

<第2レース>

コース:IG(インナーループ、ゲートあり)

天気:晴れ
風向:190°
風速:2 m/s
スタート        :12:30:00
フィニッシュ時刻(TOP) :13:21:41
フィニッシュ時刻(LAST):13:36:12

着順:84
順位:DSQ (審問により失格)
得点:87  (エントリー数+1)

*スタート位置:上スタート
*オフセットマーク回航しなかったのをプロテストされ失格

 

<第3レース>

コース:IG(インナーループ、ゲートあり)

天気:晴れ
風向:200°
風速:2.5~3 m/s
スタート        :13:50:00
フィニッシュ時刻(TOP) :14:31:08
フィニッシュ時刻(LAST):14:43:32

着順:67
順位:66
得点:66

*スタート位置:上スタート
*スピンシートの整理を怠ったため、スピンシートが船体下に回ってしまって、スピンを上げるのが遅れてしまった

 

<第4レース>

コース:OG(アウターループ、ゲートあり)

天気:晴れ
風向:200°
風速:3 m/s
スタート        :14:55:00
フィニッシュ時刻(TOP) :15:39:24
フィニッシュ時刻(LAST):15:54:12

着順:81
順位:81
得点:81

*スタート位置:上スタート
*リーチングで風を取られてしまった
*ランニングのコース取りがよかった

 

【1日目の結果】

  結果:82位

 

<艤装>

*ジブのフットが下がりきっていなかった
*メインセールのバテン一番上が曲がっていた

 

<感想>

初めての大会出場でとても緊張していましたが、無事終えることができてよかったです。
大会に参加することで練習ではわからなかったことを経験することができました。
他大学と走ることで、自分達の遅さを痛感しました。
他大学を見ているとタックやローリングタックの動きがとてもスムーズでした。
今回は微風だったのでタックをしたとき失速してしまっていて、そこでも差をつけられてしまっていたので今後の課題だと思いました。

 



<参加者>

OB  佐々木まさのりさん

現役 
3年 高見
2年 新井、藤田、星野

※観覧(レスキュー艇) 
 佐々木さん、新井、藤田 

投稿者
星野











個人戦 セール計測、出艇申告、艇長会議

本日、江ノ島へ行ってきました。
セール計測がありましたが、現役は授業があり江の島へ
いけず、唯一、1年生の藍澤さんが午後からなら授業が
ないため参加できるとのことだったのでサポートして
きました。

15:20ごろ1年生の藍澤さんとハーバーで合流。
4120艇のセールが少し濡れていたので乾かしながら、
艇に溜まっていた水を出しました。
レスキュー艇はバウ側あげるためのタイヤが外れ、
船内にかなり水が溜まってました。

1. セール計測 16:00 – 16:10

予定では16:20からでしたが計測が空いていたようで、
早めてくれ計測時間は 16:00 - 16:10 でした。

4120、予備セールとして3547のジブ、メイン、スピン

の2セット。

MC/MFを提示し、計測したことを示すハンコを各セール
に押してもらい無事に完了しました。

なお、予備セールとしている3547艇のセールを使用する
場合は、エントリーナンバー(リコールナンバー)を
4120艇のエントリナンバー 133 にする必要がある。
もし、予備セールを使用する場合は、メインセールの
エントリーナンバーを変更します。

 ———————————————-
 ◆セール計測の方法
 
  ・セール計測の会場に計測するセールとMC/MF
   をもっていく。 バテンは不要。

  ・係りの方に大学名を言ってセール計測が開始

  ・セールをフロアーにすべて広げる。

  ・係りの方がセール番号、エントリーナンバー等を
   確認し問題なければ印が押されます。

  ・MC/MFを提示する。
   2011年7月29日以前に登録された艇はMC/MF
   及び 計測登録証明書を提示しなければならない。

   ※4120艇、3547艇は該当し計測登録証明書が必要。
    ちなみに、3909艇は2017年6月に名義変更した
    ので該当しなくなり不要です。

  ・係りの方から終了しましたと言われたらセールを
   巻いて片づける。
 ———————————————-

↓ フロアーにセールを広げる

↓ セール計測が完了したことを証明する印とサイン

↓ 4120艇 計測登録証明書

↓ 4120艇 
  MC/MF(Measurement Certificate/Measurement Form)

↓ 3547艇 計測登録証明書

↓ 3547艇 
  MC/MF(Measurement Certificate/Measurement Form)

藍澤さんはバイトがあるとのことで、セール計測を
終わったところで引き上げ。

 

その後、高見主将が授業が終わり合流!

2. 470 出艇申告 17:15

こちらで用意した用紙はインカレ用で、個人戦用のものが
あるとのことでした。
特にホームページや主将への連絡はありませんでした。
その場で口頭で告げられ、24日分は陸上本部側が用意
したエントリーリストにチェックするだけでした。
25日分は24日に大会側で用意するのでそれに、24日の
レース着艇後に記載して提出すればよいとのことでした。

3. 支援艇出艇届

レース艇には接触できないが、レスキュー艇を出し観覧
する場合は、支援艇出艇届の提出が必要でした。
こちらも口頭で指示がありました。
届は大会側で用意されており、24日分についてその場で
記載して提出しました。
25日分は24日の着艇後に470の出艇申告と一緒に出せば
よいとのこと。
用紙は大会側で用意してます。

 

4. 艇長会議 18:00 – 18:10

ついでだったので参加しました。

箇条書きです。

・開会式 8:30
 その後、グリーフィング
 レース委員長より連絡あり。

・参加艇は 88 艇

・バースでセールをあげて移動
 船台はバースに戻す

・インナーループ、アウターループをつかうので、
 よく本部船の掲示を確認すること。
 春インカレのように470はアウターループのみと
 はしないとのこと。

・U旗を使用

・レスキューは接触不可
 レース委員長から救助指示があった場合は接触可

・艤装変更
 海上でレース委員会に告げる。
 ハーバーへ戻るときはレース委員会に伝えて戻る。

・人員変更
 ハーバーへ戻るときはレース委員会に伝えて戻る。

・風がないとき
 大会側でレスキュー艇を5艇用意しているのでその
 艇で曳航する。
 自校レスキューが曳航することは不可。
 全艇がそろったとこでスタートするので取り残され
 ることはないとのこと。

◯個人戦以外の連絡事項

 次回インカレは全校、全艇が森戸海岸になる予定。
 葉山港が使用できないようです。
 7月の末、25、26日ごろ主将会議ありその場で誓約書を
 提出する必要があるとのこと。
 森戸海岸使用の誓約書が必要なので用意しておくよう
 にとのこと。

セール計測はOBと1年生で通しましたので、あとは現役3年、2年のレースメンバーにレースをがんばってもらいましょう!

 

参加者

現役 
3年 高見
1年 藍澤

OB 町田

学連主催の女子新歓に参加してきました。

葉山、八景、江ノ島で活動している大学が集まり、お菓子を食べたり、じゃんけん大会、腕相撲大会などで交流を深めました。
江ノ島で活動している大学だけではなく他で活動している大学とも知り合えるよい機会となりました。

参加してよかったです。学連の皆さんありがとうございました。

出席者
現役 1年 北嶋・豊島・藍澤

※1年生みな葉山港に行ったことがなかったので、高見主将が会場まで引率!

2016年度下半期ヨット部総会および2016年度ヨット部OB会総会は無事に終了致しました。

ヨット部総会風景

当日午後開催された1部体育会・体育会連合OB会の第28回合同活動報告会では主将の高見と新井がヨット部の活動状況をショートスピーチしました。

OBより高見へ>
 スマホにスピーチ内容をメモってそれを読み上げるのはかっこ悪いので辞めましょう。スピーチ中にお叱りを入れようと思い電話しましたが間に合いませんでした。

その後の懇親会場の風景(開始前)。今回はヨット部の1年生は出席してもらいませんでしたが、来年は大勢で盛り上げましょう。

ご出席頂いた皆様、ありがとうございました。

出席者(順不同・敬称略)
現役 / 高見・新井・鯨井・中村・椛島
OB / 長・望月・関谷・松山・奥山・南・町田・田中・榊原・中溝・佐藤

ようやくの今年初セーリング!

これまで現役の20年ぶりの春合宿から春インカレまでに
OBを含め協力していたため、今年初のセーリングでした。

久しぶりでしたので、まずは、セール、艤装、船外機の
チェックに時間をかけました。

一通り出艇前の点検が終わり、人数が少なかったので
ジェノアではなくジブセールをセットして11時ごろ出艇。

ブラインドセーリングのチーム(JBSA)が練習をしていた
ので、小網代灯標・赤白ブイを上マークや下マークと見立
てて一緒にマーク回航の練習、クローズの走り合わせをし
ました。

かなり久しぶりのセーリングで筋肉痛がキツイです。。。

参加者
OB 佐々木(勝)、佐藤、町田

午前中はスタート練習を行いました。
スタートで本部の横を取るためにその前にどこに何分前にいればいいかを考えるとやりやすいということを教えていただきました。

午後はスタート練習と上下マーク回航を行いました。
特にレスキューを下にみたてて下マーク回航の練習をたくさんやりました。
ぎりぎりを狙うための角度が難しかったです。
また、スタートもなかなか時間ぴったりに出れず難しかったです。
スタート前は下にどんどん落ちてしまっていたのでそこを気をつけたいです。
(藤田)

午前はスタートの練習をひたすら。
午後は中風になり、リーチング、スタート練習(3分×3回 3回目は上マーク→本船を周る)を繰り返していました
関谷先生、弓家さんのアドバイスがかなり実戦的で、
レース前にできて良かったなと思いました。
(新井)

2年女子2人、今時点では結構いいとこいっています。
女子インカレ、天城・藤井に続いてくれたらと思います。
(弓家さん)

<午前>

高見(スキッパー)、  新井
関谷さん(スキッパー)、星野

平均風速 2.7m/s
風向   東
最大風速 3.7m/s
気温   24.3℃

<午後>

高見(スキッパー)、新井
藤田(スキッパー)、星野

平均風速 3.4m/s
風向   南南西
最大風速 5.0m/s
気温   23.0℃

参加者

現役
3年 高見
2年 新井、星野、藤田
1年 多田

OB 関谷さん、弓家さん

記述者
藤田