Archives

All posts for the month 5月, 2018

470艇購入支援の募金に、OB・関係者の皆様から多くのご協力を頂いておりましたが、更に以下の皆様よりご協力を頂きました。誠に有難うございました。おかげさまで皆様から頂いた募金の総額は、980,000円になりました。お預かりした募金は現役部員の為に使用させて頂きます。御礼と共にご報告申し上げます。

田中 嗣規 様
山本 久司 様

これまでの実績
 その1
 その2
 その3

この投稿をシェアする

試乗会!!

1年生4人と福永の友達2年生1人とタチバナ先生が試乗しにきてくれました!
午前中は強風で黄色旗が上がるほどだったので不安でしたが、なんとか出艇しました。

<午前>

3909艇
クルー:多田
スキッパー:藤田
平均風速:8m/s
最大風速:11m/s
波高さ:1m

午前帰る組はレスキューに乗り、他の1年生は陸待機となりました。
陸待機組はメインセールをたたみ、帰ってくるレスキューに備えつつ話し合いをしていました。
海に出る組は、完沈、半沈をそれぞれ1回ずつしたそうで帰ってきたときにはみんな(主に藤田多田)がとても疲れてました笑

<午後>

午後は、風が徐々に落ちてきて様子見てハイクアウトをしていました。
僕的にはちょうどいい風だったと思います。

クルー:新井
スキッパー:藤田
平均風速:7m/s
最大風速:9m/s
波高さ:0.6m

今日は風が強かったので OBの方いてくれてほんと助かりました。次の活動は個人戦に向けてになるので、頑張ります!

参加者
3年:新井、藤田、星野
2年:北嶋、多田、福永
1年生4人
タチバナ先生

OB:町田さん、佐々木さん

記述者:新井

 

オリンピックテストイベントについて

大会日程
9/5~ 準備期間
9/9~9/16 ワールドカップ大会
~9/18
9/21~9/24 オリンピックW

期間中江ノ島かもめ駐車場への移動。
8月から江ノ島かもめ駐車場のバース利用可。
6月に配置場所をお知らせする。
駐車場内現在水栓設備1箇所あり。
湘南港内でも水栓設備の利用ができるように相談中。

大会時
期間中も湘南港からの出艇は可能だが、時間などには決まりがある。
時間帯やレース状況により、江ノ島から葉山まで含む海面に一定の制限が生じることがある。
お昼休憩等で一時的におけるスペースは確保するが、同じ時間に全大学が入れるスペースが確保できるかは保証できない。
湘南港からかもめ駐車場までの動線は検討中。
道路横断の際は警備員による誘導で安全を確保する。

元のバースに戻るのはオリンピックW終了後の9月末から10月になる見込み。
8月以降新規バースは受け付けていない。(オリンピックまで)
来年行われるプレ大会、Wカップについては8月中旬から9月までを予定している。

記述者:星野

この投稿をシェアする

2018年度 関東学生ヨット個人選手権大会(個人戦)までの予定

今後の予定をまとめました。

■5月20日(日) 試乗会

■5月27日(日) OFF

■6月 1日(金) 個人戦 申込、振込締切15時

○個人戦 参加申込

参加申込書に必要事項を記入のうえ、誓約書を添付し申し込むこと。
申し込み期日:2018年6月1日(金)消印有効
一艇 8,000円
振り込み期日:2018 年 6 月 1 日(金)15 時 期日厳守

■6月 3日(日) 練習

■6月10日(日) 練習

■6月17日(日) ヨット部総会、OB総会、連合OB総会

■6月22日(金) 
 セール計測
 個人戦 前日出艇申告
 個人戦 艇長会議 18:00~

場所:江の島ヨットハーバー

 担当 星野

■6月23日(土) 開会式 8:30
        個人戦 1日目 9:55予告信号

 場所:江の島ヨットハーバー

■6月24日(日) 個人戦 2日目 9:25予告信号

 場所:江の島ヨットハーバー 

■7月 1日(日) 個人戦 閉会式

 場所:江の島ヨットハーバー

(OB 町田)

この投稿をシェアする

学連担当の活動報告

今年度から学連担当になりその活動報告です。

4月27日(金) 
 ・セール計測(女子レース)手伝い 
 ・備品点検(女子レース)
 ・学連カードの製作(カードのラミネート処理)
 ・運営ミーティング(女子レース)

4月28日(土) 
 ・女子レース大会運営の受付 
 ・運営ミーティング(女子レース)

4月29日(日) 
 ・連絡船(女子レース、陸上と海上の中継役) 
 ・運営ミーティング(女子レース)

5月 3日(木) 
 ・セール計測(予選)手伝い 
 ・備品点検(予選)
 ・運営ミーティング(予選)

(5月4日~5月5日 大会(予選)参加)

5月11日(金) 
 ・セール計測(決勝)手伝い 
 ・備品点検(決勝)
 ・運営ミーティング(決勝)

5月12日(土) 
 ・備品点検(決勝)
 ・運営ミーティング(決勝)

5月13日(日) 
 ・レスキュー3隊長(決勝)
 ・運営ミーティング(決勝)

以上

2年 福永(学連担当)

この投稿をシェアする

今日は強風のため予定していた試乗会を中止して現役だけで整備を行いました。

まずこの前のインカレで壊れた部分を修理したので残っていた穴をパテでふさぎました。またラダーも削れていたのでパテを塗りました。
あと3909で練習用として使っていたジブが破れたのでロッカーから使えそうなジブを探して次回すぐ乗れるように準備しました。

参加者
新井、藤田、星野、多田

藤田

この投稿をシェアする

海上で470のラダーが何らかの事情でなくなり走行不可能になった場合の対処方法

春インカレの第1レースでラダー取付部分の※ピントル
の上下破損によりラダーが外れ、走行不可能になり
ました。

※ピントル
(pintles:トランサムにつけられた舵の軸になる金具)

その際、その場で試行錯誤した結果を連絡します。

海上でピントルが上下とも破損して、ラダーの取付が
できなくなった場合、470はラダーがないため方向
を調整できず、レスキューで470を曳航することは
できません。
また、ピントルではなく、ラダーが折れた場合も同様
となります。

470にラダーがなく走行不可能になったときは、
レスキューを470の横につけ、470のマストと
レスキューのバウ側の固い取っ手をロープで固定し
ます。
また、もう一か所、470のトラベラーあたりと
レスキューのスタン側の固い取っ手をロープで固定
します。
レスキューと470は密接させることが重要です。

レスキューの操船としては、ある程度速度を出すと
安定して470を横付けにしたまま、レスキューを
操船することができます。

最初は、レスキューに470を横付けについて
レスキューから手でもって行こうとしましたが、
風、波があり470が暴れて手を挟みそうになったの
で辞めました。
風、波がなく短距離なら可能ですが。。。

ハーバーについたらレスキュー、470を桟橋に
つけて、470をマストに取り付けたロープで
桟橋伝いにスロープまで引っ張っていけば470
を着艇させることができます。

海の上ではとっさに判断しなければならないので
最善の方法をその場のメンバーで考える必要があり
ます。

最後に、どんな状況であっても470だけで海上練習
はしないでください。
必ずレスキューを出してください。

(OB 町田)

葉山から江の島への回航の手順

葉山港を出るときは、葉山港に出艇申告、用紙に必要事項を記入をして出艇し、江ノ島に着いたら葉山港へ電話します。
電話をすることで着艇申告となります。
ちなみに、通常の出艇申告では、ハーバーからラミネートされたカードを渡されますが、回航なので返すことができないので、カードはありません。

江ノ島ヨットハーバーへは、出艇したときに渡されたオレンジの三角旗をフロントで返し着艇申告します。
ちなみに、電子システムで出艇申告した場合は、電子システムで着艇申告をします。

(OB 町田)

葉山→江ノ島へ回航しました。

町田さん(レスキュー)、勝則さん(陸送)、ご協力ありがとうございました。

風は出航時は5m/sほどでしたが、着艇後すぐに江ノ島では黄色旗が上がっていたので、タイミング良かったなと思いました。

470の方は、

クルー  :福永
スキッパー:多田

だったのですが、インカレ期間中ほとんど乗せてなかったので最後にいい風で乗せられて良かったです。

レスキュー

藤田、星野、新井(ドライバー)、町田さん

 

【春インカレ総括および今後…】

インカレがまさかこんな感じで終わるとは思っていなかったのですが、次に生かすことが大事かなと思います。
船自体はもうお年寄りなのでより慎重にケアしていきたいです。。

クローズでのコース選択が他校の話を聞いているとまだまだだなということを痛感しました。
今までは風の振れしか意識していなかったので。。。
スタートまあまあ良かったのですが、個人戦だとまた変わってくると思うので勝則さんのアドバイスを生かしつつレースできたならと思います。

一緒に組んだ藤田はやっぱり安定感あるなと。
ランニングで2.3艇抜けたのはほんと助かりました。
それとレース中に2人で試行錯誤していくのは本当に楽しいなと感じました。

女子インカレの星野・藤田ペアは惜しい場面が多くありましたが、工学院ヨット部もすこしずつですがレースに絡めてきてる気がします。
女子2人は何でも頑張れる2人なので個人戦までラストスパート頑張ってほしいなと思います。

2年男子は、ヨット部の雰囲気明るくなるので助かりました。
北嶋は毎度激励の言葉ありがとう! 笑

とりあえず試乗会、個人戦頑張ります!!

(新井)

 

インカレお疲れ様さまでした。
今回の件は未然に防ぐ事はなかなか難しいと思います。
ですが日頃から、部品の腐食や折れ曲がっている箇所など、部品交換しなければいけない箇所などを定期的にチェックしておくことが大切だと思いました。

3年生にとって最後のインカレが災難続きで終わってしまいとても残念でした。
しかし、葉山観光や豪華な食事、合宿所での出来事など、違う形でいい思い出が作れたのではないかと思います。

インカレは災難続きでしたが次の個人戦に向けてしっかりと練習をしていきたいと思います。
そして少しでも順位を上げることを目標に努力していきたいとおもいます。

(多田)

 

春インカレは予期せぬことで悔いの残る結果になってしまいました。
しかし春の強風が多い日のなか、強風になる前の早い段階で対応することができてよかったです。

女子インカレはスタートやクローズなど、課題が明確に見えてきました。
そして出艇前の確認は基本です。
毎日やっている作業は慣れてきますが、その慣れで細部の再確認を見落としてしまいます。
その確認の見落としはレースを左右するほどの重要なことでもあります。
今回はレース前に気づくことができましたが、次のレースではこの基本にミスが無いように心掛けたいと思いました。

ヨット部としてもだんだんレースの目標が上がっていくのを感じ嬉しいです。
次の6月の個人戦では今回の課題や経験をいかして、気持ちを新たに頑張りたいと思います。

来週は試乗会ですが、新入生にヨットに乗ってもらって、楽しいと思ってもらえるように、ヨット部に入りたいと思ってもらえるようにみんなで頑張ります。

(星野)

 

春インカレお疲れ様でした。最後のインカレということでしたがラダーがとれて舵がきかず漂流するというはじめての経験をしました。
1レースも完走できずに終わってしまったことはとても悔しく思います。
今回のことは防ぐことは難しかったと思いますが今後は整備や出艇前の点検などしっかりやらなければと思いました。

女子レースでは完走することができましたが良い結果とは言えないのでレースで見つけた課題を次の個人戦までに対策し今までで1番良い結果で終われるように頑張りたいです。

また葉山から江ノ島への回航では2年生ペアで楽しそうに乗っていて安心しました。
個人的にはやっとスキッパー1人の状況から解放されてなんだか感動しました。

(藤田)

 

参加者

OB:町田さん、佐々木さん
3年:新井、藤田、星野
2年:多田、福永

↓ 江の島にて

この投稿をシェアする

2018年関東学生ヨット春季選手権大会 予選 2日目

今日はインカレ2日目

朝の風は微風の3~4m/s

第1レースは、

3909艇 (セール 3547)
クルー:新井
スキッパー:藤田

レスキュー
星野、福永、多田、町田さん

出艇後、レスキューでレース海面まで曳航。

1レース目、スタートはゼネリコありで3回行われました。

1回目のスタートは1分前からスタートラインに乗ろうとして、1.5列目スタート。

2回目のスタートは2分前にスタートライン意識して1列目スタートでしました。

しかし、肝心の3回目のスタートはうまくスタートラインに乗れず、かなり遅いスタートになってしまいました。
クローズでは差をつけられず差を詰めることもできずでしたが、リーチング→ランニングで2、3艇抜けた!?という感じでした。


1レース目でしたが、1上マークに着く前にラダーの接続部(ピンドル)2点あるうちの上の部分が折れて外れてしまい、2上マーク周り、下マークも周ってクローズで走っていると下の部分も折れてしまいそこでレースリタイア。

最終レースに間に合えば参加できたのですが、葉山には部品が売っておらず参加することはできませんでした。

 

正直、とてつもなく悔しかったです。
このインカレに出るためにたくさんの人に協力していただいたのにまともな結果の報告ができないのは本当に申し訳ないです。

部品の破損も老朽化で、誰が悪いわけでもなく、なんとも言えない気持ちです。

練習、インカレともに長々とお世話してくれた町田さんに良い結果を残せず終わってしまったのも。。。

特に、1、2回目のスタートでようやく上手くスタートできたので尚更悔しい。。。

 

とりあえず、春インカレはこれにて終了しました!

お金、技術、事務面でたくさんのOBの方々にお世話になりました!本当にありがとうございます。(←いろんな学校の人と関わりを持つに連れて工学院のOBの支援の大きさに驚きました。)

次の個人戦や秋インカレに向けて、工学院ヨット部張り切って活動していくのでこれからもよろしくお願いします!!

(新井)

 

参加者

OB:町田さん
3年生:新井、藤田、星野
2年生:多田、福永

この投稿をシェアする

2018年関東学生ヨット春季選手権大会 予選 1日目

今日レースはできませんでした…



参加者
OB  和光さん、町田さん、まさのりさん
3年  新井、藤田、星野
2年 多田、福永

関谷先生もレース運営で葉山にいらっしゃいました。

OBの迅さんと根岸さんから差し入れいただきました!
ありがとうございます!!!明日も頑張ります!!!!!!

 

12:00にはレース中止になったため、午後は現役で葉山観光してました。







この投稿をシェアする