www.kogakuin-yacht.net

2020.07.08 レスキュー艇の船舶検査(中間検査)が完了

本日、オリンピックのため仮置き場の江ノ島漁港で

レスキュー艇 (船名:MONAMI)

の船舶検査 (定期検査) に代理人として立会いました。
ちなみに、船舶所有者は、関谷さんです。

結果は問題なく無事に終了しました。
これで安心して次回検査までレスキュー艇を出せます。

OB 町田

 

船検は、2011年(平成23年)5月20日に第1回定期検査を
実施し、第2回の中間検査でした。

以下に船検(中間検査)を受けるにあたって対応した内容
を記載します。

--------------------------
検査期間(中間検査)

2020年 2月19日~8月19日

※検査日は水曜日のみ(祝日の場合は実施されない)
--------------------------

■OBにて対応

船舶所有者である関谷さんの代理で対応をしました。

 

■申請書類を受取り

船検の書類は、船舶所有者(関谷さん)へ郵送されます。

関谷さんから書類を受取りました。
書類は、船舶所有者が記入する項目は記入、代理で
立ち会うため委任状の書類も必要でした。

 

■搭載備品の確認

6月29日(月)に船舶検査を受けるにあたり、搭載備品が
揃っているか確認しました。

搭載備品は以下です。

【係船設備】

  ・係船ロープ    :2本
  ・アンカー(いかり):1個
  ・アンカーロープ  :1本

【救命設備】

  ・救命胴衣:6個
  ・救命浮環:1個
  ・信号紅炎:1組(2個)
   ※信号紅炎の有効期間は3年6ヵ月。
    3年ごとに買替が必要。

【消防設備】

 粉末消火器または液体消火器
  ・赤バケツ:1個

【排水設備】

 ビルジポンプまたは、バケツおよびあかくみ
 ・赤バケツを併用でOK

【航海設備】

 音響信号器具
  ・笛:1個・・・赤バケツに付いています。
  ・黒色球形形象物:2個

【一般設備】

 工具
  ・レンチ    :1組
  ・プライヤー  :1個
  ・ドライバー  :1組
  ・プラグレンチ :1個

※搭載備品について備品の写真と個数の一覧をまとめ
ましたので、以下クリックして参考にしてください。

船検 搭載備品一覧

 
■郵便局で検査手数料を払い込み

中間検査は、8,200円です。
ちなみに定期検査の検査手数料は、16,700円です。(2020年時点)

 

■書類郵送

書類を郵送しました。

検査を受けたい日の10日間前に同封されている封筒に必要
書類を入れて、日本小型船舶検査機構 横浜支部へ郵送。

郵送の期限は、検査日の1週間前までに申請書が到着
なっています。

検査日ですが、江の島ヨットハーバー(藤沢市)は、水曜日
と決まっています。

必要書類は以下です。

船舶検査申請書(1部)
→検査の日程調整のための連絡先を記載する項目がある
のですが、代理人が当日立会うため、代理人の連絡先
を記載。

振替払込受付証明書(1枚)
→郵便局で検査手数料(16,700円)の払込み。

船の位置略図(1枚)
→ハーバー内のレスキュー艇の位置(絵)を記入。

自主整備点検記録(1枚)
→実施内容およびその結果に応じて船舶検査の一部が
省略されます。

委任状(1枚)
→船舶所有者が検査当日に立ち会う場合は不要です。
船舶所有者の捺印は「実印」です。

 

■日程調整

検査開始時間は検査日の前日に電話で連絡がありました。

 

■検査当日:2020年7月8日(水)

1. 検査時間

12:50~13:00

検査開始時間ですが、前日に電話で連絡があり、13時ごろ
からとありましたので 午前中に江の島に到着し、検査
を受けるための準備をしました。

2. 検査内容

日本小型船舶検査機構 横浜支部の検査員の方が1名来ら
れました
検査の内容は以下です。

(1)船舶検査手帳と船舶検査証書

書類の有無の確認。

→結果は問題なし。

(2)船体(レスキュー艇)

検査済票番号、メーカー、型式、製造番号の確認。

→結果は問題なし。

(3)船外機

メーカー、型式、製造番号の確認。

→結果は問題なし。
なお、2013年(平成25年)8月に買替をして以降は変更なし。

(4)法定搭載備品

法定搭載備品がすべて存在するかの確認。

→結果は問題なし。

(5)★指摘事項★

→特になし。
なお、信号紅炎の有効期限が2021年11月となっているので期限前に購入が必要です。

 

■中間検査合格後に交付されるもの

 中間検査合格後に交付されるものは以下です。

 ・船舶検査証書:1枚
 ・船舶検査手帳(検査完了印が追記されたもの):1枚
 ・次回検査時期指定票(丸いシール):2枚
 
 ちなみに、定期検査は上記に加え船舶検査済票(船舶番号
 と定期検査済年票のシール)
が交付されます。

 交付されたものは、日本小型船舶検査機構 横浜支部
 (横浜市金沢区)へ取りに行くか、郵送(着払い)の方法
 があります。

 今回、交付されたものの受取は郵送(着払い)にしました。

 なお、船舶検査証書と船舶検査手帳は、レスキュー艇を出す
 とき搭載しなければなりません。

 また、次回検査時期指定票(丸いシール)は所定の位置に
 貼ります。

 

■次回検査期間(定期検査)

--------------------------
 検査期間(定期検査)

  2023年 2月19日~5月19日

  ※検査日は水曜日のみ(祝日の場合は実施されない)
--------------------------

 この間に検査を完了させなけばなりません。
 ちなみに期間が3ケ月間と中間検査の6ケ月間より短い
 ので注意が必要です。

以上

この投稿をシェアする