www.kogakuin-yacht.net

2019.09.29 第86回関東学生ヨット選手権大会 予選 2日目 ※2002年以来17年ぶりに3艇にて出場!4699艇 4403艇 3909艇

第86回関東学生ヨット選手権大会 予選 2日目
※2002年以来17年ぶりに3艇にて出場!4699艇 4403艇 3909艇

・4699艇
 スキッパー:藤田、クルー:星野

・4403艇
 スキッパー:多田、クルー:河内 → 廣田

・3909艇
 スキッパー:三原、クルー:福永

・レスキュー 佐藤、瑞慶覧、町田さん

・陸待機 高見さん

 

 

参加大学 22大学
参加艇数 61艇

 

【4699艇】

藤田 スキッパー 
星野 クルー

 

●第3レース

参加艇数 61艇

着順 46
順位 45
得点 45

 

●第4レース

参加艇数 61艇

着順 41 ※藤田・星野ペアで過去最高順位
順位 41
得点 41 

 

●第5レース

着順 DNC
順位 DNC
得点 62

5レース目 リタイア
葉山から江の島への回航
台風対策、係留、陸置き費用の削減等のためリタイアを決断しました。

 

※星野 クルー

2002年ぶりにインカレで工学院3艇出しを達成しました!!!!
17年ぶりの出来事に驚き、この代でついに3艇出しをすることができて感動しました。

この日は午前中風が全く吹かず12:00を迎えました。
午前中の微風時に1年の瑞慶覧と藤田で4699艇で待機していましたが、12:00を回り、レース数も限られてきたということで
前日レースに参加していないこともあり、急遽本日の1レース目(全体の3レース目)から4年星野、藤田になりました。

昨日秋イン1日目の1,2レースは1年瑞慶覧と藤田で走行し、1年生の瑞慶覧は初めての大会参加で困惑することがあったと思いますが、天気や風速にも恵まれ無事走りきることができていました。

今日は私にとって最後のレースとなる日で、急遽3レース目から選手交代し最初から藤田星野ペアで4699艇でレースに参加することになりました。

今までの出場してきたレース(インカレ予選)では最後まで走りきることができず英語がついてしまったり、ミスを繰り返してしまうような悔いの残るレースになることが多くありました。
それを踏まえて今回は初戦を落ち着いて、確実にレースを進めることを第一に心がけていました。
そのため無事参加したレースに関しては英語をつけずに最後まで走りきることができました。

最近の練習内容として、2艇での走り合わせをすることで登り角度を1艇ずつ見比べることができていたのがおおきかったと思っています。
艇も新しくなり、技術面においても意識して行動できる範囲が増えりしたことで速度が前に比べて速くなっていることをより感じています。
今までとは違って部員の人数、艇数も増え、練習内容もよくなり、その結果が今回の成績に少しですが示すことができて安心しています。

最後レースで自己の最高記録の結果を出すことができて気持ちよかったです。

(星野)

 

【4403艇】

●第3レース

天気:晴れ 風向:190° 風速:5ノット

多田 スキッパー
河内 クルー(初インカレ!)

参加艇数 61艇

着順 55
順位 54
得点 54

 

※多田 スキッパー

1. レース展開

スタート前、周りの艇との競争により時間管理ができておらず、クルーとの息が合わず、メインの引き込みのタイミングとジブの引き込みタイミングにずれが生じてしまい、加速はイマイチだった。

1上と2上のリーチングの際にクルーの河内が落水してしまった。
自分が他艇のことを意識しすぎてしまい、クルーに的確な指示や気を配ることができておらずこのような落水に繋がってしまった。

最後の下マーク回航の際に自分の声がクルーに届いておらず、ジャイブとスピンダウンを誤って認識させてしまったため、動作が遅れてしまった。
この遅れにより、自艇の後ろにつけていた艇に追い抜かれてしまった。
これに関しては、技術の反省以前にコミュニケーションを取っている時の声量が小さいため、ハキハキと伝えることを意識する。
(多田)

2. 問題点、課題

・スキッパーの声量が小さかったことにより、クルーが誤認識してしまい、順位が落ちてしまった。
ランニングの際に他艇のことを意識しすぎており、自分の世界に入り込んでしまっていた。

→集中することはよいが、コミュニケーションに関してはしっかりと仲間が聞き取れるような声量で話すこと。
 息が合わず艇速が落ちる原因にもなり得る。
(多田)

 

※河内 クルー

leg1
スターボスタート アビームからクローズでのクルーのジブ引きと時間管理ミスによる遅れから被せられた。
ポート側の速度の方が登れていたのでフリーウインドをとった位置でタック。
レーラインを超えた位置でブランケットになるのを防ぎ、他艇を抜かそうとしたが、艇速がつかず被せられなかった。

leg2
スピンシートをカムする位置が逆だったため、スピンポールの奥側を固定した時に真上に立ってしまい張るのが遅れ、しかもクルーが落水してしまった。

leg3
一艇を抜かしました。
ジャイブのタイミングでスピンが潰れたためその分張り替えを速く行った。
スピンダウンからのラフはスムーズに行えたと思う。

leg4
ポートからスタボのワンタックで走らせてしまった。
風の振れが分からなかった、タックで速度が落ちる、周りに他艇がいなかったことから行った事だか、できるだけこれは避けたい。

leg5
第3マーク辺りのスキッパーからのジャイブがスピンダウンだと聞こえ、行ってしまった。完全にクルーの判断ミス。
この為に酷く艇速が落ちた。

今回のレースミス数が各大会の中で一番多く、なおかつミスの内容も酷すぎました。
今回の事をバネにもっともっと練習し、こんなミスは絶対に繰り返さないようにします。
そして自分が練習すべき内容を具体的に考えていこうと思います。

4年生の藤田先輩、星野先輩、最後のレースお疲れ様でした。

(河内)

 

●第4レース

天気:晴れ 風向:170° 風速:9ノット

多田 スキッパー
廣田 クルー

参加艇数 61艇

着順 46
順位 46
得点 46

 

※多田 スキッパー

1. レース展開

この第4レースは最後の下マーク回航の時に東工、神大、工学院、青学、東洋の5大学が同時に下マークへ周りこみ、東工、神大はスタボから下マークに入り込んできてポート側は工学院、青学、東洋が横並びで入ってきた。
その際に一番マークの近くにいた東工がルームをくれと叫んでいたが、すぐ真横には神大がいてその横には工学院、青学、東洋が並んでいた。
自分たちは少し下ろうと努力したが東洋が下さないことには自分たちも下すことはできず、神大と青学艇に挟まれ全く身動きできなかった。
結局無理矢理下マークを回り艇速は激減し、下マーク回航までの順位は30番台に入り込むことができていたが、そこから一気に後ろの艇にリーチングで被されていき、7.8位分くらい順位を落としてしまった。
(多田)

2. 問題点、課題

下マーク回航前に周囲を見渡し、瞬時に状況判断ができるようになれば別のルートを選択できたと考えた。
実際に上智はリーチングの際に下し気味で走っていて、あまり順位を落とすことなくフィニッシュをしていた。
(多田)

 

●第5レース

多田 スキッパー
廣田 クルー

参加艇数 61艇

着順 DNC
順位 DNC
得点 62

 

※多田 スキッパー

<感想>

今回のレースを通して、リーチングが上手くなっていることを実感した。

去年の春合宿の際に10メートル越えの風でもリーチングの練習をしており、安定したリーチング走行ができるようになった。
また、リーチングの際にスピンシートはある程度スキッパーが引き込み、クルーが準備でき次第手渡しする方法を取っていた。
強風の時はそこまで余裕がないと思うが、今回のレースでは順風よりやや低めの風であったため、このような手段を使った。

1年生の成長があまりに早く驚いた。
実際のレースでは焦る様子もなく的確な指示をしてくれてとても助かった。
動作に関しても自分が1年生の時と比べ圧倒的に上手だった。
また、女子インカレ、五大戦、国公立戦、秋インカレ、と様々なレースを1年生のうちに経験できていることは過去にない事例で今後の成長を期待したいです。

今回の国公立戦や秋インカレでは過去に比べて圧倒的に成長していることが実感できたレースであった。
しかし反省点も多くあり、今後の活動で修正していければと考えている。
(多田)

 

<今後について>

来年から本格的に就職活動が始まり、来年の春インカレは出場できない可能性があるが、春合宿で少しでも顔を出せる時間があれば練習に参加したいと考えている。
(多田)

 

【3909艇】

 

【最終結果】

19位/22大学

 
 

■葉山港から江の島へ回航

一旦、全艇が葉山港へ着艇して帰着申告を実施。
その後、葉山港へ出艇申告をして葉山港えおあとに。

470を3艇、レスキュー艇を葉山から江の島へ回航。
高見くんが車を出してくれ、全員江の島で解散することができ、効率よくできました。

なお、16:15ごろ葉山港を出て、17時を少しオーバーして470の全艇が江の島へ着艇できました。
レスキューが葉山港を最後に出て、最初に江の島へ着き、17時を少しオーバーすることを伝えておきました。
秋なので日没が早いです。。。

葉山港へは無事に全艇が江の島へ帰着したことを電話して、葉山港側の帰着申告は完了でした。
(OB 町田)

470 3艇:
→多田、河内、藤田、福永、廣田、佐藤

レスキュー:
→三原、瑞慶覧、OB 町田

陸送:
→星野、OB 高見

 
 
参加者

4年 藤田、星野
3年 多田、福永
2年 廣田、三原
1年 佐藤、瑞慶覧、河内
OB 高見さん、町田さん
 

この投稿をシェアする